« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

LA FONERA 2.0 firmware up

ここ から落として、2.2.5.0に上げました。
海豚が出ました。
BusyBox v1.11.1 (2009-04-17 12:45:57 CEST) built-in shell (ash)
Enter 'help' for a list of built-in commands.

                                        __
                                    _.-~  )
                         _..--~~~~,'   ,-/     _
                      .-'. . . .'   ,-','    ,' )
                    ,'. . . _   ,--~,-'__..-'  ,'
                  ,'. . .  (@)' ---~~~~      ,'
                 /. . . . '~~             ,-'
                /. . . . .             ,-'
               ; . . . .  - .        ,'
              : . . . .       _     /
             . . . . .          `-.:
            . . . ./  - .          )
           .  . . |  _____..---.._/ ____ Seal _
     ~---~~~~----~~~~             ~~

                      Flipper

--------  Fonera 2.0 Firmware (v2.2.5.0) -----------
      * Based on OpenWrt - http://openwrt.org
      * Powered by FON - http://www.fon.com
----------------------------------------------------
root@Fonera:/#

| | コメント (0) | トラックバック (0)

beagleboard Ubuntuがboot出来ました

2GBのSDカードに、Ubuntuを入れてboot出来ました。

Linux version 2.6.28 (yoneda@atom) (gcc version 4.2.1 (CodeSourcery Sourcery G++ Lite 2007
q3-51)) #1 Fri May 15 15:25:43 JST 2009
CPU: ARMv7 Processor [411fc083] revision 3 (ARMv7), cr=10c5387f
CPU: VIPT nonaliasing data cache, VIPT nonaliasing instruction cache
Machine: OMAP3 Beagle Board
Memory policy: ECC disabled, Data cache writeback
On node 0 totalpages: 65536
free_area_init_node: node 0, pgdat c0470e30, node_mem_map c04a4000
  Normal zone: 512 pages used for memmap
  Normal zone: 0 pages reserved
  Normal zone: 65024 pages, LIFO batch:15
  Movable zone: 0 pages used for memmap
OMAP3430 ES3.0
SRAM: Mapped pa 0x40200000 to va 0xd7000000 size: 0x100000
Reserving 15728640 bytes SDRAM for VRAM
Built 1 zonelists in Zone order, mobility grouping on.  Total pages: 65024
Kernel command line: console=ttyS2,115200n8 console=tty0 root=/dev/mmcblk0p2 rootdelay=2 r
ootfstype=ext3 ro
Clocking rate (Crystal/DPLL/ARM core): 26.0/332/500 MHz
GPMC revision 5.0
IRQ: Found an INTC at 0xd8200000 (revision 4.0) with 96 interrupts
Total of 96 interrupts on 1 active controller
OMAP34xx GPIO hardware version 2.5
PID hash table entries: 1024 (order: 10, 4096 bytes)
OMAP clockevent source: GPTIMER12 at 32768 Hz
Console: colour dummy device 80x30
console [tty0] enabled
Dentry cache hash table entries: 32768 (order: 5, 131072 bytes)
Inode-cache hash table entries: 16384 (order: 4, 65536 bytes)
Memory: 128MB 128MB = 256MB total
Memory: 239616KB available (4132K code, 391K data, 184K init)
Calibrating delay loop... 486.31 BogoMIPS (lpj=1900544)
Mount-cache hash table entries: 512
CPU: Testing write buffer coherency: ok
net_namespace: 532 bytes
regulator: core version 0.5
NET: Registered protocol family 16
Found NAND on CS0
Registering NAND on CS0
OMAP DMA hardware revision 4.0
USB: No board-specific platform config found
OMAP DSS rev 2.0
OMAP DISPC rev 3.0
OMAP VENC rev 2
OMAP DSI rev 1.0
i2c_omap i2c_omap.1: bus 1 rev3.12 at 2600 kHz
twl4030: PIH (irq 7) chaining IRQs 368..375
twl4030: power (irq 373) chaining IRQs 376..383
twl4030: gpio (irq 368) chaining IRQs 384..401
i2c_omap i2c_omap.3: bus 3 rev3.12 at 100 kHz
SCSI subsystem initialized
twl4030_usb twl4030_usb: Initialized TWL4030 USB module
usbcore: registered new interface driver usbfs
usbcore: registered new interface driver hub
usbcore: registered new device driver usb
musb_hdrc: version 6.0, musb-dma, otg (peripheral+host), debug=0
musb_hdrc: ConfigData=0xde (UTMI-8, dyn FIFOs, bulk combine (X), bulk split (X), HB-ISO Rx
(X), HB-ISO Tx (X), SoftConn)
musb_hdrc: MHDRC RTL version 1.400
musb_hdrc: setup fifo_mode 4
musb_hdrc: 29/31 max ep, 16384/16384 memory
musb_hdrc: hw_ep 0shared, max 64
musb_hdrc: hw_ep 1tx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 1rx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 2tx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 2rx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 3tx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 3rx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 4tx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 4rx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 5tx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 5rx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 6tx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 6rx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 7tx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 7rx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 8tx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 8rx, max 64
musb_hdrc: hw_ep 9tx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 9rx, max 64
musb_hdrc: hw_ep 10tx, max 512
musb_hdrc: hw_ep 10rx, max 64
musb_hdrc: hw_ep 11tx, max 256
musb_hdrc: hw_ep 11rx, max 256
musb_hdrc: hw_ep 12tx, max 256
musb_hdrc: hw_ep 12rx, max 256
musb_hdrc: hw_ep 13tx, max 256
musb_hdrc: hw_ep 13rx, max 4096
musb_hdrc: hw_ep 14shared, max 1024
musb_hdrc: hw_ep 15shared, max 1024
musb_hdrc: USB OTG mode controller at d80ab000 using DMA, IRQ 92
regulator: VMMC1: 1850 <--> 3150 mV normal standby
regulator: VDAC: 1800 mV normal standby
regulator: VUSB1V5: 1500 mV normal standby
regulator: VUSB1V8: 1800 mV normal standby
regulator: VUSB3V1: 3100 mV normal standby
regulator: VSIM: 1800 <--> 3000 mV normal standby
cfg80211: Using static regulatory domain info
cfg80211: Regulatory domain: US
        (start_freq - end_freq @ bandwidth), (max_antenna_gain, max_eirp)
        (2402000 KHz - 2472000 KHz @ 40000 KHz), (600 mBi, 2700 mBm)
        (5170000 KHz - 5190000 KHz @ 40000 KHz), (600 mBi, 2300 mBm)
       (5190000 KHz - 5210000 KHz @ 40000 KHz), (600 mBi, 2300 mBm)
        (5210000 KHz - 5230000 KHz @ 40000 KHz), (600 mBi, 2300 mBm)
        (5230000 KHz - 5330000 KHz @ 40000 KHz), (600 mBi, 2300 mBm)
        (5735000 KHz - 5835000 KHz @ 40000 KHz), (600 mBi, 3000 mBm)
cfg80211: Calling CRDA for country: US
NET: Registered protocol family 2
Switched to high resolution mode on CPU 0
IP route cache hash table entries: 2048 (order: 1, 8192 bytes)
TCP established hash table entries: 8192 (order: 4, 65536 bytes)
TCP bind hash table entries: 8192 (order: 3, 32768 bytes)
TCP: Hash tables configured (established 8192 bind 8192)
TCP reno registered
NET: Registered protocol family 1
VFS: Disk quotas dquot_6.5.1
Dquot-cache hash table entries: 1024 (order 0, 4096 bytes)
JFFS2 version 2.2. (NAND) (SUMMARY)  c 2001-2006 Red Hat, Inc.
msgmni has been set to 468
alg: No test for stdrng (krng)
io scheduler noop registered
io scheduler anticipatory registered
io scheduler deadline registered
io scheduler cfq registered (default)
Serial: 8250/16550 driver4 ports, IRQ sharing enabled
serial8250.0: ttyS0 at MMIO 0x4806a000 (irq = 72) is a ST16654
serial8250.0: ttyS1 at MMIO 0x4806c000 (irq = 73) is a ST16654
serial8250.0: ttyS2 at MMIO 0x49020000 (irq = 74) is a ST16654
console [ttyS2] enabled
brd: module loaded
usbcore: registered new interface driver cdc_ether
usbcore: registered new interface driver rndis_host
usbcore: registered new interface driver rndis_wlan
i2c /dev entries driver
input: triton2-pwrbutton as /class/input/input0
triton2 power button driver initialized
Driver 'sd' needs updating - please use bus_type methods
Driver 'sr' needs updating - please use bus_type methods
omap2-nand driver initializing
NAND device: Manufacturer ID: 0x2c, Chip ID: 0xba (Micron NAND 256MiB 1,8V 16-bit)
cmdlinepart partition parsing not available
Creating 5 MTD partitions on "omap2-nand":
0x00000000-0x00080000 : "X-Loader"
0x00080000-0x00260000 : "U-Boot"
0x00260000-0x00280000 : "U-Boot Env"
0x00280000-0x00680000 : "Kernel"
0x00680000-0x10000000 : "File System"
ehci_hcd: USB 2.0 'Enhanced' Host Controller (EHCI) Driver
ehci-omap ehci-omap.0: OMAP-EHCI Host Controller
ehci-omap ehci-omap.0: new USB bus registered, assigned bus number 1
ehci-omap ehci-omap.0: irq 77, io mem 0x48064800
ehci-omap ehci-omap.0: USB 2.0 started, EHCI 1.00
usb usb1: configuration #1 chosen from 1 choice
hub 1-0:1.0: USB hub found
hub 1-0:1.0: 3 ports detected
g_cdc gadget: using random self ethernet address
g_cdc gadget: using random host ethernet address
usb0: MAC 86:06:5b:ac:b3:fe
usb0: HOST MAC fe:ba:88:f3:e9:a5
g_cdc gadget: CDC Composite Gadget, version: King Kamehameha Day 2008
g_cdc gadget: g_cdc ready
musb_hdrc musb_hdrc: MUSB HDRC host driver
musb_hdrc musb_hdrc: new USB bus registered, assigned bus number 2
usb usb2: configuration #1 chosen from 1 choice
hub 2-0:1.0: USB hub found
hub 2-0:1.0: 1 port detected
mice: PS/2 mouse device common for all mice
input: gpio-keys as /class/input/input1
twl4030_rtc twl4030_rtc: rtc core: registered twl4030_rtc as rtc0
twl4030_rtc twl4030_rtc: Power up reset detected.
twl4030_rtc twl4030_rtc: Enabling TWL4030-RTC.
OMAP Watchdog Timer Rev 0x31: initial timeout 60 sec
mmci-omap-hs mmci-omap-hs.0: Failed to get debounce clock
Registered led device: beagleboard::usr0
Registered led device: beagleboard::usr1
usbcore: registered new interface driver usbhid
usbhid: v2.6:USB HID core driver
Advanced Linux Sound Architecture Driver Version 1.0.18rc3.
ASoC version 0.13.2
OMAP3 Beagle SoC init
TWL4030 Audio Codec init
asoc: twl4030 <-> omap-mcbsp-dai-(link_id) mapping ok
ALSA device list:
  #0: omap3beagle (twl4030)
oprofile: using arm/armv7
TCP cubic registered
NET: Registered protocol family 17
NET: Registered protocol family 15
RPC: Registered udp transport module.
RPC: Registered tcp transport module.
ieee80211: 802.11 data/management/control stack, git-1.1.13
ieee80211: Copyright (C) 2004-2005 Intel Corporation <jketreno@linux.intel.com>
ieee80211_crypt: registered algorithm 'NULL'
ieee80211_crypt: registered algorithm 'WEP'
ThumbEE CPU extension supported.
Power Management for TI OMAP3.
usb 1-2: new high speed USB device using ehci-omap and address 2
SmartReflex driver initialized
Disabling unused clock "sr2_fck"
Disabling unused clock "sr1_fck"
Disabling unused clock "mcbsp_fck"
Disabling unused clock "mcbsp_fck"
Disabling unused clock "mcbsp_fck"
Disabling unused clock "mcbsp_ick"
Disabling unused clock "mcbsp_ick"
Disabling unused clock "mcbsp_ick"
Disabling unused clock "gpt2_ick"
Disabling unused clock "gpt3_ick"
Disabling unused clock "gpt4_ick"
Disabling unused clock "gpt5_ick"
Disabling unused clock "gpt6_ick"
Disabling unused clock "gpt7_ick"
Disabling unused clock "gpt8_ick"
Disabling unused clock "gpt9_ick"
Disabling unused clock "wdt3_ick"
Disabling unused clock "wdt3_fck"
Disabling unused clock "gpio2_dbck"
Disabling unused clock "gpio3_dbck"
Disabling unused clock "gpio4_dbck"
Disabling unused clock "gpio5_dbck"
Disabling unused clock "gpio6_dbck"
Disabling unused clock "gpt9_fck"
Disabling unused clock "gpt8_fck"
Disabling unused clock "gpt7_fck"
Disabling unused clock "gpt6_fck"
Disabling unused clock "gpt5_fck"
Disabling unused clock "gpt4_fck"
Disabling unused clock "gpt3_fck"
Disabling unused clock "gpt2_fck"
Disabling unused clock "gpt1_ick"
Disabling unused clock "wdt1_ick"
Disabling unused clock "wdt2_ick"
Disabling unused clock "wdt2_fck"
Disabling unused clock "gpio1_dbck"
Disabling unused clock "gpt1_fck"
Disabling unused clock "cam_ick"
Disabling unused clock "cam_mclk"
Disabling unused clock "des1_ick"
Disabling unused clock "sha11_ick"
Disabling unused clock "rng_ick"
Disabling unused clock "aes1_ick"
Disabling unused clock "ssi_ick"
Disabling unused clock "mailboxes_ick"
Disabling unused clock "mcbsp_ick"
Disabling unused clock "mcbsp_ick"
Disabling unused clock "gpt10_ick"
Disabling unused clock "gpt11_ick"
Disabling unused clock "i2c_ick"
Disabling unused clock "mcspi_ick"
Disabling unused clock "mcspi_ick"
Disabling unused clock "mcspi_ick"
Disabling unused clock "mcspi_ick"
Disabling unused clock "hdq_ick"
Disabling unused clock "mspro_ick"
Disabling unused clock "des2_ick"
Disabling unused clock "sha12_ick"
Disabling unused clock "aes2_ick"
Disabling unused clock "icr_ick"
Disabling unused clock "pka_ick"
Disabling unused clock "ssi_ssr_fck"
Disabling unused clock "hdq_fck"
Disabling unused clock "mcspi_fck"
Disabling unused clock "mcspi_fck"
Disabling unused clock "mcspi_fck"
Disabling unused clock "mcspi_fck"
Disabling unused clock "mcbsp_fck"
Disabling unused clock "mcbsp_fck"
Disabling unused clock "i2c_fck"
Disabling unused clock "mspro_fck"
Disabling unused clock "gpt11_fck"
Disabling unused clock "gpt10_fck"
Disabling unused clock "dpll4_m6x2_ck"
Disabling unused clock "dpll3_m3x2_ck"
Disabling unused clock "sys_clkout1"
VFP support v0.3: implementor 41 architecture 3 part 30 variant c rev 1
registered taskstats version 1
Console: switching to colour frame buffer device 80x30
clock: clksel_round_rate_div: dpll4_m4_ck target_rate 48000000
clock: new_div = 9, new_rate = 48000000
twl4030_rtc twl4030_rtc: setting system clock to 2000-01-01 00:00:00 UTC (946684800)
Waiting 2sec before mounting root device...
usb 1-2: configuration #1 chosen from 1 choice
mmc0: new SD card at address 8fe4
mmcblk0: mmc0:8fe4 SU02G 1.84 GiB
mmcblk0: p1 p2
EXT3-fs: INFO: recovery required on readonly filesystem.
EXT3-fs: write access will be enabled during recovery.
kjournald starting.  Commit interval 5 seconds
EXT3-fs: recovery complete.
EXT3-fs: mounted filesystem with ordered data mode.
VFS: Mounted root (ext3 filesystem) readonly.
Freeing init memory: 184K
eth0: register 'asix' at usb-ehci-omap.0-2, ASIX AX88772 USB 2.0 Ethernet, 00:1d:73:68:1f:
0b
usbcore: registered new interface driver asix
eth0: link down
EXT3 FS on mmcblk0p2, internal journal
eth0: link up, 100Mbps, full-duplex, lpa 0x45E1
NET: Registered protocol family 10
eth0: no IPv6 routers present





| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

LA FONERA 2.0 蓋を開ける

開けてシリアル接続してみました。
螺子は、普通の+でした。シリアルpinの配列は、LA FONERA+と同様です。
Fon203
Platero君の絵が出ました。
BusyBox v1.11.1 (2009-03-17 16:44:13 CET) built-in shell (ash)
Enter 'help' for a list of built-in commands.

                                /\          /\
                               ( \\        // )
                                \ \\      // /
                                 \_\\||||//_/
                                  \/ _  _ \
                                 \/|(O)(O)|
                                \/ |      |
            ___________________\/  \      /
           //                //     |____|
          //                ||     /      \
         //|                \|     \ 0  0 /
        // \       )         V    / \____/
       //   \     /        (     /
      ""     \   /_________|  |_/
             /  /\   /     |  ||
            /  / /  /      \  ||
            | |  | |        | ||
            | |  | |        | ||
            |_|  |_|        |_||
             \_\  \_\        \_\\ Hard'96

                      Platero

--------  Fonera 2.0 Firmware (v2.2.4.0) -----------
      * Based on OpenWrt - http://openwrt.org
      * Powered by FON - http://www.fon.com
----------------------------------------------------
root@Fonera:/#

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

LA FONERA 2.0 到着

Fon201 Fon202



とりあえず、電源を入れてみました。
30分待てとセットアップガイドに書いてあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

beagleboard到着

Beagleboard1



Digi-Keyに、6/18にオーダーし、6/25に到着しました。
とりあえず、シリアル接続し起動してみました。
[bootメッセージ]
Texas Instruments X-Loader 1.4.2 (Feb 19 2009 - 12:01:24)
Loading u-boot.bin from nand

U-Boot 2009.01-dirty (Feb 19 2009 - 12:22:31)

I2C:   ready
OMAP3530-GP rev 2, CPU-OPP2 L3-165MHz
OMAP3 Beagle board + LPDDR/NAND
DRAM:  256 MB
NAND:  256 MiB
*** Warning - bad CRC or NAND, using default environment

MUSB: using high speed
In:    serial usbtty
Out:   serial usbtty
Err:   serial usbtty
Board revision C
Serial #0f1400030000000004013f790602101b
Hit any key to stop autoboot:  0
No MMC card found
Booting from nand ...

NAND read: device 0 offset 0x280000, size 0x400000
4194304 bytes read: OK
Wrong Image Format for bootm command
ERROR: can't get kernel image!
OMAP3 beagleboard.org #

ボードは、revision C3となってます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

LA FONERA 2.0

とりあえず買いですか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

携帯電源再利用

docomo movaの電源を再利用です。
電圧が5.8Vと半端なので、抵抗分圧器を作成してみました。
抵抗値の算出は、このサイトで。
抵抗は1.5Kはありましたが、13Kは無かったので、10K+2K+1Kです。(各Ω) 5.24V位です。
Reg_volt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TLC5940NTG4動作確認

chipには、TLC5940NTとしか書かれていません。
動作 確認OKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ATmega8 LEDバーで動作確認

もう少し速いほうがいいのかな。
紙芝居

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

Atmega8*

Atmega8, 88P  各3個 ブートローダを焼いて、適当なスケッチで動作確認しました。
-15のを使ったが -16がでてましたね。Release Notesには過去のchipサポートに関する情報はないな。
さて何に使うのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿房列車?

夏には信州で涼もうとか思ってますが。
あずさにしようか新幹線にしようか悩んでます。未だ何れにも乗ってませんので。
百間先生ほどの逡巡ではありませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜桃忌近くにフルーニュを飲む

刺激が少ないな。このシリーズ水出しミントジュレップソーダはかなり気に入ってました
適量HAVANA CLUBを注ぐとバラデロの潮風がそよぐよな。
明るい太宰は如何なものかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TLC5940NTG4

TLC5940NTとの(機能、性能)差異がわかりません。形状は変わらないようですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1Q84入手

やっと入手出来ました。(w/book1, book2) 早く読みたいが意外と時間が取れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山椒の実と烏賊

烏賊の皮むきに四苦八苦。山椒の実は生から調理すると強烈な香りと刺激で大満足。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ATmega88P

また、ATmega88PでArduinoしてみました。 hardware/boards.txt に ATmega88 用の定義です。
arduino-15だとcores の中のコード変更が不要なので楽ですね。-13からの変更ですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニエリスム(2)

完成 
Sinuino41



FT232RLの半田付けは諦めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

マニエリスム

次は、普通のUSB版を作り始めた(?)。。
Sinuino4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

睨んでる?

Lapin1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パセリ

メニューを見て「期待」したのですが、そのまんまでした。
Menu




Parsley

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまには海辺で海の幸

生憎の天気でしたが鮪は美味だったような気がします。
Misaki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手に入りそうなARM系

少し前に関心のあった BeagleBoard とか、Pandora

の状況はどうなんでしょうね。

Interface 2009/5 おまけARM基板は、組み立てて放置ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手乗り?

手のひらサイズのAtomファンレスキット登場、消費電力8WHDMIやGigabit Ethernet付きの豪華仕様
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090613/etc_compulab.html
良いですね。欲しいが高い
と良いながら、
SheevaPlug Dev Kit を美国にオーダしてしまいました。
本体 $99.00 送料 $33.23 うーーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魔女の笑窪

文春文庫版を読了。久々の文庫版で愉しく読めました。
桐野夏生っぽいモティーフかなとも思いました。
大極宮(関連)の文庫本を読みたいのですが、なかなか文庫化されないので、
最近は東野圭吾の文庫本を読んでます。

桐野夏生は、読売新聞の連載「優しいおとな」を読んでます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Shinuino3(ver.0.1) LEDバー(カラー)

動作確認としてカラーLEDバーをナイトライダー風に点滅させてみました。
Sinuino32




「LED_bar_11.txt」をダウンロード

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1Q84

凄い売れ行きですね。未だ品切れで購入できてません。
ノルウェイの森以来、ほぼ発売時期に購入して来ましたが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Shinuino3(ver.0.1)

USBasp版でとりあえず完成
Sinuino3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

電源系

昔の携帯のACアダプターとUSB充電ケーブルを再利用
ACアダプターは、5V前後なのでちょうど良いです。
ホットボンドで汚く出来てます。
Past_mb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Shinuino3(原型)

USBasp版にしようか両用にしようかの判断が下せず放置状態
Usbasp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こて先のお手入れ

こて先毎交換する方が楽ですが、エコですかね。

Tipref

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

シリアル版Arduino

なるべくオリジナルに近い部品で完成させたいのですが、BC547, BC557等が(簡単には)入手できていない
状況です。きっと作っても使わないだろとは思いうが作ってみたい。
Rs232

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

マトリクスLED /素

秋月で購入した2色(赤・緑)タイプ BU5004-RGですが、pinが3列で間隔が6.35mmと半端な為
収まりが悪いですね。どう収めようか思案中です。
M88rg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

温度センサー(3)

DALLAS DS18B20 1-Wire Digital ThermometerをeJackino-Pico に繋げてみました。

Ds18b20_2

[chip spec] http://datasheets.maxim-ic.com/en/ds/DS18B20.pdf

[code] http://www.nuelectronics.com/download/projects/ds18b20.pde

[結果]
26.81
26.81
26.81
26.81
26.87
26.81
...
..
.
まあだいたいそのような数字が出てます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

USB直結Arduino互換(4)

とりあえずUSBインタフェース部を作ってみました。
動きますが、異常に汚い出来です。
表面実装用のUSBコネクタは配線部分が細か過ぎて断念しました。
Usbasp3i

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

USB直結Arduino互換(3)

USBミニBコネクタ版
Usbasp2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

USB直結Arduino互換(2)

やっとブレッドボード版が出来ました。
配線ミスでchipを焼いたり、USBaspドライバのver.が古かったりと色々と手間取りました。
Kimio Kosaka様 ありがとうございます。
Usbasp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自力LEDバー

LEDドライバICを使用しない物です。対象LEDをdigitalWriteでHIGH/LOWしてるだけですが。\250のATmega8を使っています。(秋月の.....さんのミス?)
Ledb31 Ledb32

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

NASA御用達はんだ

ほんとですかね。(メーカーの人に怒られそう)
凄く良いとの噂もありますが、勿体ないのでもうしばらく放置ですかね。
Nasahanda_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDL-GX250Rシリアルを引き出す(2)

ピンヘッダ (標準ピッチ・L型)がちょうど収まりが良いです。裏面ではんだつけ
Hdlgx250r2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小便小僧

ブレッドボード用のセラロック治具です。真ん中がGNDですね。
Kozou_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

配線ミスで炎上

電源系の配線ミスで、ATmega168が焼けました。ブレッドボードも一部溶けてます。
合掌
Die

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

スケルトンブレッドボード

最近秋月で入手しましたが、他で販売してますかな
もう少し小ぶりなのが所望です。
Sbb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HDL-GX250Rシリアルを引き出す

基板のシリアルポートにピンヘッダーを付けケーブルを引き出しました。
とりあえず、Debian/Linux Etchをinstallしてあります。
LennyにしたいがKernel upしないと駄目ですね。
Hdlgx250r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

La Fonera DD-WRT化(2)

はんだづけなしで、シリアルを引き出しました。
Fon2



撚り線ケーブルに「2550コネクタ」「信号伝達コネクタ」関西では【QIコネクタ】を圧着し、
両方長めのピンヘッダーをケースの穴にさし圧着したコネクタで押さえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FTDI BitBang AVR スタンド・アローン・ライタ

http://www.geocities.jp/arduino_diecimila/avr-writer/index.html#top
のページそのままに作成しました。
奥のは、ATMEGA644P用です。
P6010084

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シールド

自作シールド、緑のはスイッチサイエンスさんのバニラ
Sh

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MAX7219 chip

MAX7219と某デジタル温度センサー
Max7219

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マトリックスLED/ MAX7221(3)

右のがブレッドボード版、左がマイコン直結もの
M88

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マトリックスLED/ MAX7221(2)

こんな基板にMAX7221を置き、両端のコネクタにマトリックスLEDを刺します。
Max72212

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TLC5940NTでLEDバー(2)

下段にTLC5940NTを配置、上段にLEDバーを付けて結合する方式です。TLC5940NT chip LEDバーも着脱可能です。total 16個の点灯なので、2本目のLEDバーは先頭6個しか点滅しませんが。
Tlc2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USB直結Arduino互換

http://www.geocities.jp/arduino_diecimila/make/usbasp/index.html

良いですね。早速作らせて頂きたいですね。

もちろんOne-Chip Arduino ver. 2.0 も素敵ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »